読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鷹非公開

鷹の思考メモ

尿02話【尿漬けの研究】 2016/09/09開始 尿は腐らない 醗酵する漬け物を創り出す

f:id:taka664:20160909214339j:plain

その昔、無人島に行く前だから、かれこれ3年前になる

ブログを書いていた

タイトルは『尿神覚醒』というブログだった

今もある 最近見ていないから、あると思う

尿神覚醒

 

さて今日から始めた尿漬けの実践研究だ

尿についてのほとんどの実験はやってきたと自負している

今年になってからは、尿塗布の実践が目新しく、めざましかった

セックスを追い求め

それは『響魂の時代』としてやはりブログに書いていた

さがしたがなかった 

Facebookで触れている

セックスはまぐ愛という言葉に代えて、現在の僕のメインテーマとなっている

それに15年ほどの体験をもつ、尿療法

加えて『野草』が僕の3大テーマとなっている

この三つで僕はこの社会を変えようともくろんでいるのだ

 

前置きが長くなった

尿探究でもまだやっていなかったものがこの尿漬けである

 尿はどれほど放置しても腐らない

それは水や海水と同様な不変の力がある

この腐らない水=尿で野菜を発酵させる実験である

 

数値的なデータはとれないので

やはり体感で行くしかない

漬けられた「尿漬け物」がどのような味になり、食べ物として使えるかどうか

人間力を拡張できるツールになるかである

しばらくは尿漬け作りと、それを味わう生活になる

 

 

尿話01【神成人体シンセイジンタイ】 Facebookから

www.facebook.com

 尿話01【神成人体シンセイジンタイ】 Facebookから

人体は人間が作った物ではない
だから人間は人体がわからない
その驚異的な力、システムがわからない
ろくでもない医療しか作れない

尿の凄さを君に知って欲しくて書く
たぶん誰も言っていないことだ
長くなるな
一日がかりで書くからー

www.facebook.com


尿は身体の情報を持つ
人が食べるものは身体の外の物
異物である
何気になく食べて違和感はないが
当初は身体には合わない異物だった
異物は身体を害する

身体の神秘は
一度は食べたもので害を受ける
だが身体は失敗を学習する
再び同じ物を食べた時には
その害を乗り越える力を獲得するのだ
それが免疫力と言われるものだろう
身体は免疫力を生み出せる
それが尿だ
一度やられた情報、そうして二度とやられない
免疫力を作り出して、身体はその情報を
尿に封じ込めた

尿は身体を復活、蘇生させる情報を持っている
アタマでは解決できないが、尿は答えを知っている

50年前は神の英知はサイクルしていた
人間のおしっことウンチは田んぼや畑をめぐり
植物を通して再び人間に戻ってきていた
化学肥料を売るために、それらはきたないと蔑視されて下水に捨てられた

尿は答えを知っているのだ
肉体と精神を健全にする力を持っている

これが尿の本質なのです
アタマはどれほど考えても病気を治せない
尿を飲めば病気が治るのはだからです  

身体は病気を治す道を知っている
だがアタマに従ってあえて病気を
甘んじて受けている
病気を捨てて健全に戻る力と知恵がからだには内在しているのです
とても賢い身体だから神のように
黙っていて何も言わないのです
            以上